トップページ > 旅行情報     | お問い合わせ

apollo 各支店間の走行距離

オーストラリア大陸は、南北に約3,700キロ、東西に約4,000キロという スケールで、面積は、日本の約22倍もあり、広大な国土を持つ大陸国家です。日本では、青森から鹿児島までの走行距離が約2,100キロですが、この距離は、ケアンズから内陸部のウルル (エアーズロック)観光のベースとなるアリススプリングスまでの距離に相当します。
旅程を組む場合は、目的地までの走行距離をグーグルマップなどで確認して、十分余裕を持ったスケジュールを立てるようにしてください。
短い休日の間に、欲張りして、あそこも、ここも、といったスケジュールを立ててしまうと、目的地へ向かって、ただドライブして終わってしまう、といったような結果になりかねません。
キャンピングカーで移動しながら、オーストラリアの自然や、人々と、間近に接することができるような、自分らしい旅のプランを組み立ててみてください。きっと、そこには、 旅行ガイドブックにはないような、すばらしい体験が待っているはずです。
 

アデレード
1,542 アリスス
プリングス
2,063 3,012 ブリスベン
4,288 2,746 4,560 ブルーム
3,143 2,324 1,717 3,962 ケアンズ
3,053 1,511 3,415 1,865 2,727 ダーウィン
728 2,270 1,674 5,016 3,054 3,781 メルボルン
2,724 3,630 4,384 2,250 5,954 4,045 3,452 パース
1,420 2,644 996 5,234 2,546 4,000 868 4,144 シドニー

キャラバンパーク

基本的に駐車スペースや道路上でのキャンピングカーでのキャンプは禁止されていますし、防犯上も好ましくありません。宿泊は、キャンプ場かキャラバンパークをご利用下さい。
オーストラリアでは、殆どの街に、車で旅行を楽しむ人たちの為にキャラバンパーク(バンパーク)という施設があります。キャラバンパークでは、トイレ、シャワー、バーベキュー施設の他に、レストランやプール、あるいは宿泊用キャビンなどの施設を併設しているところもあります。その他、持参したテントで宿泊できるテントサイトなどもあり、チェックイン時の案内にしたがって、好みの施設を選択できるようになっています。
キャビンに宿泊する場合、あるいはPOWERD SITE(車内に電源を引き込めるコンセントが設置されているサイト)の場合は、事前に予約を入れておいたほうが確実ですが、電力供給のないテントサイト(テントは各自持ち込み)の場合は、通常は、ピークシーズンでも、事前予約は必要ありません。料金は、電力供給可能なキャンピングカーサイトで通常25~30ドル程度です。
オーストラリア国内のキャラバンパークに関するインフォメーションは「BIG4 HOLIDAY PARKS」というサイトが充実しています。会員になれば、各種割引も受けられるようになっています。
 

キャラバンパーク内のキャビン

キャラバンパーク内のキャビン

キャビン内部

電気供給のあるパワードサイト

テントサイト

公共キッチン

公共キッチン

公共ランドリースペース

テントサイト

公共トイレとバスルーム

パワーポール(コンセント有り)

ケアンズ、ポートダグラス周辺のキャラバンパーク

  
より大きな地図を表示

●ポートダグラスエリア 
 Port Douglas Glengarry Holiday Park
 Tropic Breeze Van Park
 Pandanus Caravan Park

●ノーザンビーチエリア
 Palm Cove Caravan Park
 Ellis Beach Bungalows and Caravan Park

●キュランダエアリア
 Kuranda Rainforest Accommodation Park

●ケアンズエリア
 Cairns Sunland Leisure Park
 Cairns Holiday Par
 Cool Water Holiday Park
 Cairns Coconut Holiday Resort
 Crystal Cascades Holiday Park
 Lake Placid Tourist Park
 Lake Placid Tourist Park

●テーブルランドエリア
 Atherton Woodlands Tourist Park
 Atherton Holiday Park
 Discovery Holiday Parks - Lake Tinaroo
 Kerribee Park Camping Grounds

地図の各マークをクリックすると、キャラバンパーク名と、ホームページアドレスが
確認できます。


交通ルールに関して

交通標識

交通標識は日本とさほど変わりません。スピードの単位、距離表示等、すべてキロメートル(km)表示です。オーストラリアでは都会でも信号の故障等で交差点の信号がすべて消えている という状況は珍しくありません。警察官が誘導していればそれに従えば問題ありませんが、警察官が不在の際は、交差点では右側優先が原則です。右側からやってくる車が優先されます。 逆に言えば、左側の車は、止まらなければなりません。以下に、いくつか参考までにオーストラリアの交通標識を紹介しておきます。
 

一旦停止

ランドアバウト有り

他方優先

ユーターン禁止

進入禁止

制限速度60キロ

ランドアバウト

車を運転する際、日本と最も違う点が、このランドアバウトの存在です。信号のないロータリー式の交差点です。必ず時計回りに回ります。先にランドアバウトに進入した車両、言い換えれば、 ランドアバウト内の右手側からやってくる車両が優先です。2車線のランドアバウトでは、左側の車線からランドアバウトに進入した車両は左折か直進、右側の車線から進入した車両は直進か右折、 あるいはUターンが可能です。ランドアバウトへ入る際、ランドアバウトから出る際は、交差点と同じ要領でウインカーを使って、進行方向を指示します。
 

飲酒運転、スピード違反、駐車違反

飲酒運転、スピード違反、駐車違反の取り締まりは、日本と同じような頻度で検問、巡回等が実施されていますから、そのおつもりで。飲酒運転が発覚すれば、その場で、運転が出来なくなる 事態にもなりかねません。スピード違反にしても同様です。駐車禁止に関しては、罰金に関しての詳細が記載されたチケットをその場で切られ、車に貼り付けられます。 罰金の支払い先は、日本と違い、その駐車スペースの管轄機関(警察とは限りません)に出頭して支払わなければなりません。すぐ帰国するからといって、無視していると、レンタカー会社経由で、 支払いの督促が届きますので、要注意です。車両返却後、これら罰則金の支払いが、レンタカー会社経由で届いた場合には、罰則金の他に、事務処理費用として追加の費用がチャージされます。

車両の駐車

パーキングメーターのある駐車スペースでは、エリアごとに料金、駐車可能時間がことなります。詳細は、パーキングメーターに記載されているか、そのスペースの近くにある道路標識に 記載されています。大都市以外では、駐車代金はかなり安くなっていますから、料金が不明な場合は、なるべく小さな金額のコインを投入して、メーターに表示される駐車可能時間を確認しながら、 コインを追加すれば無駄な出費を抑えることができます。
 

左側の看板は「NO STOP」で駐車禁止。右側はパーキングメーターの標識。「3P」は3時間パーキングと言う意味で、最大3時間まで駐車可能です。指定時間外は無料です。 コイン投入式のパーキングメーター。コインを投入するごとに駐車時間が表示されます。 チケット購入式のパーキングメーター。コイン投入毎に駐車時間が表示され、希望の時間でボタンを押してチケットを購入。チケットは車のダッシュボードに置いておきます。

ガソリンスタンドでは

燃料の給油

オーストラリアのガソリンスタンドはセルフサービスです。最近は日本でもセルフサービスのガソリンスタンドが増えてきましたが、システムは、ほぼ同じです。燃料の種類は、タクシー などに使われるLPガス、ディーゼル、アンリーデッド(通常のガソリン)、リーデッド(日本のハイオク)、それに、最近はエタノール混合のガソリンも販売されるようになりました。 いずれも、各メーターパネルに、リッター毎の単価が表示されていて、給油料と給油金額、それぞれお好みに合わせて給油できるようになっています。各メーターパネル毎に番号が 表示されていますので、給油後、店内のカウンターでその番号を告げて料金の精算をしてください。
 

給油スタンドに複数の燃料ポンプが設置されています。表示を確認して、間違って別の燃料を給油しないようにして下さい。 燃料毎の単価と、給油済みの燃料の給油量、その金額が表示されます。 日本と同じように、その日の販売単価が入り口に掲示されています。いずれもリッター当りの料金でセント表示です。ドル表示ではありません。

調理用ガスタンクの交換

クッキング用のプロパンガスがなくなった場合も、ガソリンスタンドを利用します。この場合は、ガスを再充填するのでなく、充填済みのタンクと交換するだけです。ガスタンクのサイズは数種類ありますので、必ず同じサイズのタンクと交換して下さい。


有料道路

オーストラリアにも有料道路はありますが、ごく一部の都市部に限られます。ブリスベンとゴールドコースト近郊、シドニー、メルボルンなどです。最近は、有料道路の料金所は廃止され、支払いがすべてコンピューター管理されるようになりました。日本のように必ずゲートがあるわけでなく、有料道路である旨が道路標識で表示されているだけですので、その道路標識を見落とせば、有料道路を利用したかどうか、解らない場合もありますから、注意が必要です。
主な有料道路の利用に際しては、以下のサイトで確認できます。

 

ブリスベン、ゴールドコースト周辺

https://www.govia.com.au/via/home/

 

シドニー近郊

http://www.roam.com.au/

 

メルボルン近郊

http://www.citylink.com.au/home.asp

※それ以外の有料道路に関しては、レンタル開始時に、スタッフへお尋ね下さい。

料金の支払方法に関しては、使用後、その都度、清算する方法や、事前に使用する車のナンバーとクレジットカードインフォメーションを登録し、自動的に清算する方法、あるいは、予め、ある程度の金額を支払い、そこから使用の都度、引き落とされる場合など、様々です。支払方法は、その地域ごとにことなりますので、車両のレンタル時、スタッフに確認してください。
有料道路を使用したにも拘わらず、支払いを怠ってしまった場合は、その管理会社から、未払いの有料道路料金とその支払い遅滞料が、キャンピングカーのレンタル会社であるアポロ経由で請求されますが、その際、アポロの事務処理費として、1件の未払いにつき$75.00の事務処理手数料も請求されますから、注意が必要です。